02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】
スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集
実は… 
20090307145228
産まれてます
モモちゃんの赤ちゃん

男の子1に女の子3
モモが過保護にすぎてなかなか写真が撮れません
今度私の仕事が休みのときにちゃんとした写真UPします
スポンサーサイト
【2009/03/07 Sat 14:46 】
BABYブヒ
comment(4) | trackback(0) | 記事編集
ウメの赤ちゃん 
1月22日出産予定だったウメちゃんの話です。


出産予定日の22日。
その日はウメに付き添い陣痛を待っていましたが結局陣痛はきませんでした・・・

23日の朝。
一日くらいの遅れは心配ないのですが一応かかりつけの病院に連れて行きました。
エコーで赤ちゃんを確認したところ、1頭しかお腹に入っていないらしく、しかも体がとても小さいとのこと。
あと一日待って産まれなければ、24日の夜帝王切開をするということで手術の予約をしてから帰宅。

通常胎児は頭数が多いほど体は小さく、一頭しかいないとなると栄養を独り占めできるので体は大きくなります。

胎児がお腹の中で大きくなった場合は産道を通らない可能性があるので帝王切開したほうが良いと言われ、また母犬の腹筋が弱い場合は産む力があまりないと考えられ、頭数が多いほど帝王切開した方が良いそうです。

今回は一頭だけですが体が小さいとのこですし、しかもウメは以前4頭の出産経験があるので体力的に問題もないし自然分娩で大丈夫だと判断しました。

そして23日の夜。
ウメの様子に変化がありました。
出産用に用意したダンボールの中に入って巣作りを始めたのです。
そろそろかな・・・と思いながら母が寝ずに付き添い、午前4時30分頃とうとう陣痛が始まりました。

ウメは苦しそうな顔をしながら等間隔で息むもののなかなか破水しません。
私はその頑張ってる姿が「可愛いねぇ♪」なんて呑気な事を思いながら見守っていました。
しかし待てど待てど破水せず・・・朝日は完全昇り、外は明るくなってしまいました。

不安になり午前8時頃。
かかりつけの獣医さんに電話で状況説明しながら相談していました。その日の夜に手術の予約はしていたのですが、早めに手術ができないかと聞いたところ、ほかの患者さんたちが居て無理だと言われ、私たちもまぁ、大丈夫だろう!と甘く考えていました。
何よりウメにあまり疲れが見えなかったのでとりあえずまだ平気だろうと思いました。

まだ破水をしていなかったので胎盤が剥がれていないということ、赤ちゃんが小さく、しかも一頭、ウメは出産経験があること、前日に病院で確認したということ・・・かなり安心していました。

午前9時頃。
こういう時の”時間”というものはとても長く待てずに、近所の他の病院に電話をして手術ができないか聞こうとしましたが何度電話しても繋がらず断念。

午前11時頃・・・。
陣痛はまだきてるのに破水しないなか、他のブヒが吠えると一緒になって走って吠えるくらい元気なウメ。
でも、あまりにも長すぎる!いつもの病院に電話をして無理に手術をお願いしたところ、違う病院を紹介してもらい急遽帝王切開することになりました。

正午頃、手術開始。

お腹からとりだした赤ちゃんは丸々とした大きな赤ちゃん・・・小さい赤ちゃんと聞いていた先生も私たちもビックリしました!!

赤ちゃんが大きかったため産道に頭だけが挟まっていたらしく、先生も赤ちゃんをとりだすのが困難なくらい。
しかもウメの子宮は無理に赤ちゃんを出そうと頑張った為、内出血していたそうです。

顔だけが産道に挟まり動けなくなった赤ちゃんは顔が腫れ上がり、舌は血が通らずに真っ黒になっていました。それでも小さな胸を指で押さえるとトントントントンと心臓が動くのが感じられ、自発呼吸ができないもののしっかりと生きていました。

赤ちゃんに酸素を送りながら体をさすり、自発呼吸を促しました。
体は丸々してとても健康体なのに、明らかに危険な状態の赤ちゃん。
大きい赤ちゃんと言えど手のひらサイズの小さな小さな体をさすりながら「鳴いてっっ!!」と強く願いました。

しかし鳴くことはもちろん呼吸も殆どできず、肉球は青白く、舌は黒く、顔は赤く腫れ一向によくなりません。
そうしているうちにウメが麻酔から醒めはじめました。

先生から
「母犬が助かっただけ良かったと思ってください。この子も危険な状態でしたよ。」
と言われました。

赤ちゃんは入院することになり、朦朧としているウメを抱きかかえ一度帰宅することになりました。

家に着くと、ヨタヨタした足取りで家中を徘徊するウメ・・・まだ麻酔がかかっている状態なので分かっているはずはないと思うのですが何かを察しているようでした。
怪我すると危ないので私がウメを抱きかかえると、安心したらしくすぐに爆睡。

ウメと一緒に私もウトウトしながら、ウメが無事で良かった。
それが一番!!!って考えていました。

25日のお昼頃。
赤ちゃんの様子を見に病院へ行きました。

するとそこには保育器に入れられて体温調節のため体に管を付けられた小さな赤ちゃん。
よく見ると舌の色などは少し回復しているように見えましたが・・・それは見るのも辛い状況でした。
こんなに小さいのにお母さんの側に居れなくて、大きな保育器に一人でいるその子が可哀想で・・・

一方自宅では麻酔から完全に醒めたウメが赤ちゃんがいないことと、帝王切開の傷の痛みから荒れまくっていました。
いつもは入らない棚の隙間に入り込んでみたり、床を思いっきり掘ったり、ポニョや他の子に八つ当たりしたり・・・
ウメも辛いみたいでした。

・・・そして26日の朝。
病院から電話がありました。
赤ちゃんが天国へ逝ったそうです・・・

状況が状況なだけに私も母も心のどこかで覚悟はしていました。
母は自分のせいだと嘆いて、何度もウメに謝っていました。

私はもうすでに”ウメが無事だからそれだけでも良かった”なんて思えなくなっていました。
産まれてきてくれて、2日間頑張ってくれたからやっぱりもっともっと生きてて欲しかったなぁ・・・

可愛い丸々した濃い色のフォーンの女の子でした!!
少しの間だけでも可愛い顔を見せてくれてありがとう!!ママを守ってくれてありがとう!!
きっとまたウメの赤ちゃんとして生まれてきてね!!
待ってるからね!!!!!

て、思います!
ウメはお乳が張って痛そうです。ちょっとお腹をさするだけでポタポタとミルクがこぼれます・・・。
気持ちにもまだ落ち着きがなく、落ち込んでいるように見えます・・・
でも大丈夫です。そこを慰めるのは私たちの役目なので!!

そして母を慰めるのはうちの可愛いブヒたちの役目です!!
私たちはそうやって仲良く元気に過ごしています!!

HPを見て赤ちゃんが生まれることを待っていてくださった方にご連絡が遅れましたことお詫びいたします!

これからまた明るいブログをやっていくので宜しくお願いします♪





【2009/01/26 Mon 12:19 】
BABYブヒ
comment -- | | trackback(0) | 記事編集
ギューギューベッド 
騒がしかった我が家のチビブヒさんがたちとうとう2ブヒになりました・・・。

2_20081227152015.jpg

最初はこんなにギューギュー詰めだったベッド。

この状態でも一番最初に決まった四国に行ったライチがいないのでベッドに余裕があるほうです。

写真の左側に写っているのは、人間の子供でも寝れそうなくらい大きなベッドなんですが・・・

そっちには見向きもせず小さいベッドで仲良しこよし♪

3_20081227152009.jpg

そしてその後、ポンテ(ブリンドル♂)、クイーンズ(フォーン)が決まって、3ブヒに・・・

それでもまだベッドはいっぱいっぱい。

体が大きくなってるぶんベッドも小さくなっちゃいます。


4_20081227151941.jpg


クリスマスイブにモン(ブリンドル♀)が嫁いでいったので現在2ブヒ。

やっとベッド本来の形になりました。


でもちょっと寂しいのかヌイグルミを抱きかかえておねんねです☆

【2008/12/27 Sat 15:37 】
BABYブヒ
comment(2) | trackback(0) | 記事編集
ブヒ風呂 
今日はチビブヒたちをお風呂に入れましたε=ε=ヾ(*゚ー゚)シ

55.jpg

お風呂に入るのは2回目だけど、ちょっと緊張気味(;・∀・)

・・・かと思ったら、緊張しているのはゴシゴシされているときだけ。

それ以外のときはやりたい放題!!

9.jpg
8_20081220200646.jpg

風呂場でチョロチョロと走り回って元気いっぱい。

いたずらばかりするのでちょっとおしおき(。◣‿◢。)ニヤリッ

5_20081220195551.jpg


ブヒ風呂の刑。

1_20081220195454.jpg

隙間なく詰め込んでやりました!!



嫌がって暴れだすだろうなぁ~( *´艸`)ムフフって思っていたのですが・・・

2_20081220195500.jpg

ええーーーーーーーーーー(≧◇≦)

すげーーくつろいでるし・・・(´-ω-`)


3_20081220195538.jpg

その後もいつでも出れるはずなのに誰一人としてタライから出ようとしませんでした。
【2008/12/20 Sat 20:33 】
BABYブヒ
comment(2) | trackback(0) | 記事編集
カワイ子ちゃん健在!! 
先々週くらいに風邪をひいてブログをお休みしていたら、サボリ癖がついてしまった今日この頃・・・

ブログをお休みしている間に6ブヒいたカワイ子ちゃんは4ブヒとなりました。

1ブヒは四国に行った《らいち》、もう1ブヒは同じ福岡に《ポンテ》

それぞれとっても可愛い名前をもらって楽しく暮らしているようです!

そしてまだ我が家にいるカワイコちゃんたちはそれぞれが大いに個性を発揮しながらすくすくと成長しております。



まず食いしん坊のフォーンちゃん

2_20081210121451.jpg

見分け方:一番体が大きい。お耳が大きくて横に広がっている。顔の黒い部分が広い。
そして何より・・・超カワイイ!!

性格:超マイペース。飼い主より飯!!


次におチビのフォーンちゃん①

4_20081210121458.jpg

見分け方:胸に白い毛がない。注意*おチビちゃん②と間違えやすい
見分けるとするなら・・・スゴイ可愛いところです!

性格:超甘えん坊!ずぅっとひっついていて人間のそばをはなれません。大人しい。


そしておチビのフォーンちゃん②

3_20081210121653.jpg

見分け方:ラテにそっくり。胸に逆三角形の白い毛。
おチビ①との見分け方は・・・この子がめちゃくちゃ可愛いと言うことです。


性格:やんちゃ。この日もまともな写真も撮れないくらい一人でテンション上がってました・・・


最後にブリンドル子ちゃん

5_20081210121505.jpg

見分け方:黒いところ。
めっちゃ可愛いところ

性格:一番人懐っこい。甘えん坊というより・・・一緒に遊ぼう♪ってテンションが上がるタイプ


こんなにも違うものなのか?ってくらい個性がでてきましたが、それでもやっぱり姉妹だから

66.jpg
6.jpg

何でもない時のタイミングはばっちりそろってたします♪


記事を書きながらカワイコちゃんたちの写真を見返していたら、触りたくなってきた・・・

今からまた赤ちゃんと戯れて来ます☆
【2008/12/10 Wed 12:47 】
BABYブヒ
comment(2) | trackback(0) | 記事編集
 | h o m e |  n e x t ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。